--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-08-08(Thu)

中国公船による尖閣での領海侵犯 領海を出ていくまで24時間以上に

 沖縄県石垣市の尖閣諸島沖では中国海警局所属の「海警」が日本の領海を24時間以上航行し、8日昼ごろまでに領海を出た。中国公船の領海侵入は今年38日目。
 第11管区海上保安本部(那覇市)によると、「海警1126」「海警2102」「海警2146」「海警2166」が8日、南小島沖の領海を航行した。1126、2102、2166の3隻は7日午前7時すぎに領海に入り、24時間以上航行し、8日午前11時40分~正午ごろにかけ、南小島沖で領海を出た。領海内航行時間はこれまで最長だった2月4日の14時間余を超えた。
 太田昭宏国土交通相は8日の閣議後の会見で、「領海外に退去してもらうのが大事なので、引き続き(中国公船に対し)進路規制に集中的に取り組む」と述べた。

http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2013080800378




中国が耳をふさぐ尖閣諸島の不都合な真実 ~石垣市長が綴る日本外交の在るべき姿~ (ワニブックスPLUS新書)


 

尖閣を獲りに来る中国海軍の実力: 自衛隊はいかに立ち向かうか (小学館101新書)


 

「尖閣」列島―釣魚諸島の史的解明



続きを読む

スポンサーサイト
2013-08-04(Sun)

尖閣侵略のために組織された中国の海警、ついに魚釣島に10キロまで近づく

3日午後2時40分ごろ、沖縄県・尖閣諸島の久場島沖で、中国国旗を船尾に掲げたヨットを第11管区海上保安本部の巡視船が見つけた。巡視船が無線で航行目的を尋ねたが、ヨットは返答せずに午後5時15分ごろ領海に侵入、魚釣島から約10キロまで近づいた。巡視船が退去を求め、約5時間半後に領海を出た。

 11管によると、船の識別装置の情報から、ヨットは英国籍とみられる。領海内で赤い旗をつけたブイを投げ込んだという。

 中国中央テレビの中国版ツイッター「微博」によると、ヨットを操縦していたのは中国人冒険家の●墨氏(●は櫂の木へんを取る)。●氏がヨット上から撮影したと見られる写真なども公開。中国国家海洋局の監視船「海警」が護衛しているとも伝えた。

 ●氏が自身の微博アカウントで公開した写真には、海上保安庁の巡視船とみられる複数の船の背後に、尖閣諸島の一部とみられる島影も映っている。●氏は「最も美しく、最も上陸しにくい島」とした。

 中国メディアによると、●氏は映画の撮影や美術などに携わった芸術家で、2007年に中国で初めてヨットで初の世界一周を達成した冒険家としても知られる。

 ヨットの侵入とほぼ同じ時間帯には、「海警」4隻も領海に侵入した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130804-00000001-asahi-soci

 3日午後2時40分ごろ、沖縄県・尖閣諸島の久場島沖で、中国国旗を船尾に掲げたヨットを第11管区海上保安本部の巡視船が見つけた。巡視船が無線で航行目的を尋ねたが、ヨットは返答せずに午後5時15分ごろ領海に侵入、魚釣島から約10キロまで近づいた。巡視船が退去を求め、約5時間半後に領海を出た。

 11管によると、船の識別装置の情報から、ヨットは英国籍とみられる。領海内で赤い旗をつけたブイを投げ込んだという。

 中国中央テレビの中国版ツイッター「微博」によると、ヨットを操縦していたのは中国人冒険家の●墨氏(●は櫂の木へんを取る)。●氏がヨット上から撮影したと見られる写真なども公開。中国国家海洋局の監視船「海警」が護衛しているとも伝えた。

 ●氏が自身の微博アカウントで公開した写真には、海上保安庁の巡視船とみられる複数の船の背後に、尖閣諸島の一部とみられる島影も映っている。●氏は「最も美しく、最も上陸しにくい島」とした。

 中国メディアによると、●氏は映画の撮影や美術などに携わった芸術家で、2007年に中国で初めてヨットで初の世界一周を達成した冒険家としても知られる。

 ヨットの侵入とほぼ同じ時間帯には、「海警」4隻も領海に侵入した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130804-00000001-asahi-soci




中国が耳をふさぐ尖閣諸島の不都合な真実 ~石垣市長が綴る日本外交の在るべき姿~ (ワニブックスPLUS新書)


 

尖閣を獲りに来る中国海軍の実力: 自衛隊はいかに立ち向かうか (小学館101新書)


 

「尖閣」列島―釣魚諸島の史的解明



続きを読む

2013-07-25(Thu)

フィリピンからの要望受けODAとして巡視船10隻を供与へ 南シナ海で横暴な進出図る中国をけん制

 安倍首相は25日、マレーシア、シンガポール、フィリピンの3か国歴訪に出発する。このうち、27日に予定されるフィリピンのアキノ大統領との会談で、首相は政府開発援助(ODA)を活用して巡視船10隻を供与する考えを表明する。

 南シナ海のスカボロー礁の領有権を巡り中国と対立しているフィリピンの海上保安能力の向上を後押しすることで、強引な海洋進出を図る中国をけん制する狙いがある。

 中国は東シナ海や南シナ海での海洋権益の確保に力を入れ、22日には、これら海域などの監視に当たる統括組織「中国海警局」(海上保安庁に相当)が正式発足した。中国公船の活動が今後、さらに活発化するおそれがある。

 そうした中、フィリピン側から日本政府に、「南シナ海などで全面的な巡視活動を行うには、10隻程度の巡視船が新たに必要だ」との要望が伝えられていたことを踏まえ、首相は首脳会談で、2014年度から3年程度かけて巡視船10隻を提供することを表明する。建造費などは今後、調整する。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130724-00001457-yom-pol




中国が耳をふさぐ尖閣諸島の不都合な真実 ~石垣市長が綴る日本外交の在るべき姿~ (ワニブックスPLUS新書)


 

尖閣を獲りに来る中国海軍の実力: 自衛隊はいかに立ち向かうか (小学館101新書)


 

「尖閣」列島―釣魚諸島の史的解明


続きを読む

2013-07-12(Fri)

中国が尖閣や南シナ海侵略に向け警察権のある中国海警局を新設

中国政府が海洋監視活動の強化などを目的に関連部局を再編し、監視船を統合運用する「中国海警局」を新設したことが10日分かった。警察にあたる公安省の指導を受けると規定。警察権が付与されたことから、日本の海上保安庁に相当する海上警察組織が発足したことになる。

 10日付の中国紙・京華時報によると、政府系シンクタンク・中国社会科学院の研究者は「日韓の海上保安機関は準軍事的な力がある」と指摘し「海警には武器が配備されており、周辺国が中国漁民に力をもって法執行すれば、強力な報復措置を取れる」と語った。

 沖縄県・尖閣諸島では中国公船の領海内巡視が常態化しているが、中国海警が中国の警察権を行使して日本漁船の取り締まりなどを行えば、次元の異なる日中摩擦に発展することは避けられない。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130710-00000080-mai-int




中国が耳をふさぐ尖閣諸島の不都合な真実 ~石垣市長が綴る日本外交の在るべき姿~ (ワニブックスPLUS新書)


 

尖閣を獲りに来る中国海軍の実力: 自衛隊はいかに立ち向かうか (小学館101新書)


 

「尖閣」列島―釣魚諸島の史的解明



続きを読む

2013-07-07(Sun)

尖閣諸島沖に相次ぐ中国監視船の侵入に日本政府は首相官邸の情報連絡室を官邸対策室に格上げ

 沖縄県石垣市の尖閣諸島・魚釣島沖で7日、中国の海洋監視船3隻が日本の領海に侵入した。中国公船の領海侵入は1日以来で、今年に入って32日目。これを受け、政府は首相官邸の情報連絡室を官邸対策室に格上げした。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130707-00000023-jij-soci




中国が耳をふさぐ尖閣諸島の不都合な真実 ~石垣市長が綴る日本外交の在るべき姿~ (ワニブックスPLUS新書)


 

尖閣を獲りに来る中国海軍の実力: 自衛隊はいかに立ち向かうか (小学館101新書)


 

「尖閣」列島―釣魚諸島の史的解明



2013-06-29(Sat)

中国が日本に首脳会談したいなら尖閣の譲歩を要求

 安倍晋三首相は28日、日中関係について「中国側は、尖閣諸島(沖縄県)の問題について、ある一定の条件を日本がのまなければ首脳会談をしないと言ってきている」と述べた。中国側が日中首脳会談実現に、尖閣諸島問題での条件を日本側に提示していることを明らかにしたが、その中身には言及しなかった。

 自民党総裁として参加したインターネットの「ニコニコ動画」での党首討論で明らかにした。首相は、中国側の条件提示について「それは間違っていますよということを我々は言い続けている」と批判。「首脳同士の交流はとても大切だ」としつつ、「なにがなんでも首脳会談をやろうとしてこちらが国益を削っていくのは間違っている」と強調し、習近平(シーチンピン)国家主席との会談の前提として尖閣問題で譲歩する考えはないとの姿勢を示した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130629-00000004-asahi-pol




中国が耳をふさぐ尖閣諸島の不都合な真実 ~石垣市長が綴る日本外交の在るべき姿~ (ワニブックスPLUS新書)


 

ひと目でわかる日韓・日中 歴史の真実


 

私はなぜ「中国」を捨てたのか (WAC BUNKO)


続きを読む

2013-06-29(Sat)

日中平和友好条約をめぐる会談に立ち会った元外務省の課長が中国の主張する尖閣棚上げ合意はなかったと証言

 尖閣諸島(沖縄県石垣市)をめぐり、中国政府が主張する領有権問題の「棚上げ合意」について、元外務省中国課長の田島高志氏は28日までに、産経新聞の取材に応じ、「中国側の一方的な思いで、合意はなかった」と述べた。田島氏は、中国側が合意があったとする1978(昭和53)年の会談に中国課長として同席した。

 会談は、日中平和友好条約をめぐり同年8月10日、北京で園田直(すなお)外相(当時)とトウ小平副首相(同)の間で、同条約の批准書交換のため来日したトウ氏と福田赳夫首相(同)との間で10月23、25の両日にそれぞれ行われた。

 田島氏によると、8月の会談では、トウ氏が「日中間には釣魚島(尖閣諸島の中国名)や大陸棚の問題があるが、それ以上に共通点がある」と発言。これを受け、園田氏が同年4月に起きた中国漁船団による尖閣諸島周辺の領海侵入事件を念頭に「先般のような事件を二度と起こさないでいただきたい」と主張し、トウ氏が「中国政府としてはこの問題で日中間に問題を起こすことはない。数年、数十年、100年でも脇に置いておけばいい」と応じた。園田氏は聞き置いただけで反論しなかった。

 日本側は尖閣諸島を実効支配しており、中国側に現状変更の意図がないことが確認できたため、反論は不要と判断したという。

 中国側資料には、これに似たトウ氏の発言だけが記録されており、外務省が公開済みの記録には、尖閣関連のやりとり自体が含まれていない。

 また、記録公開済みの10月25日の福田・トウ会談では、トウ氏が終了間際に「次の世代は、われわれよりもっと知恵があり、この問題を解決できるだろう」と「独り言のように」(田島氏)発言。福田首相は応答しなかった。

 トウ氏は会談後の単独記者会見で「国交正常化の際も、平和友好条約を交渉した際も、この問題に触れないことで一致した」と主張した。

 田島氏は、一連の会談での合意を否定した上で、中国側が、昨年9月の尖閣諸島購入で「日本側が共通認識(合意)を破壊した」(外務省声明)としていることには「事実に反する言いがかりだ」と批判した。

 中国側は、国交正常化交渉が行われた72(昭和47)年9月27日の田中角栄・周恩来両首相の会談でも合意があったとしている。交渉に条約課長として同行した栗山尚一氏は「両首脳の間で棚上げの暗黙の了解が成立した」と指摘する。

 ただ、「あったのは暗黙の了解で、中国側が『合意があった』と言うのは言い過ぎだ」とも話した。田島氏も「条約交渉当時、田中・周会談で棚上げの合意があったという認識はなかった」と72年の合意説を否定した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130629-00000094-san-pol




中国が耳をふさぐ尖閣諸島の不都合な真実 ~石垣市長が綴る日本外交の在るべき姿~ (ワニブックスPLUS新書)


 

ひと目でわかる日韓・日中 歴史の真実


 

私はなぜ「中国」を捨てたのか (WAC BUNKO)



2013-06-26(Wed)

アメリカ上院外交委員会が尖閣で挑発続ける中国を非難した決議案を全会一致で可決

1 名前:名無し 投稿日:2013/06/26

米上院外交委員会は25日、沖縄県の尖閣諸島をめぐる中国の挑発行為などをけん制する「アジア太平洋における海洋問題の平和的解決を支持する決議案」を原案通り全会一致で可決し、本会議に送付した。

 本会議でも可決される見通しだ。

 決議案は民主、共和両党議員が提出。今年1月の中国海軍艦艇による海上自衛隊護衛艦への火器管制レーダー照射、中国政府が尖閣諸島周辺に軍事力の展開を続けていることなどを明記し、「現状変更のために軍事力や強制力を用いることを非難する」として、名指しを避けつつも中国をけん制する内容となっている。

 オバマ米政権は尖閣諸島をめぐる日本と中国の対立に関し、中国による一方的な現状変更につながる主張に強く反対している。上院の決議案は政権に歩調を合わせ、議会としても中国の挑発行為に対する憂慮を明確にする狙いがある。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130626-00000343-yom-int




中国が耳をふさぐ尖閣諸島の不都合な真実 ~石垣市長が綴る日本外交の在るべき姿~ (ワニブックスPLUS新書)


 

尖閣を獲りに来る中国海軍の実力: 自衛隊はいかに立ち向かうか (小学館101新書)


 

「反日思想」歴史の真実 (扶桑社新書)



2013-06-25(Tue)

鳩山由紀夫元首相の止まらない売国活動 今度は「日本は尖閣を盗んだから中国に返すべき」

1 名前:名無し 投稿日:2013/06/25

尖閣諸島をめぐって、鳩山元首相が香港のメディアに語った、「日本が盗んだと思われても仕方がない」といった発言が、物議を醸している。これまでにも、たびたび中国寄りともとれる発言をしてきた鳩山氏に、東京・永田町からも、驚きと怒りの声が上がっている。
26日から中国を訪問する予定の鳩山元首相が、香港のフェニックステレビの取材を受け、沖縄県の尖閣諸島について、「中国側から見れば、盗んだというふうに思われても仕方がない。だから、それは返すべきだと。カイロ宣言の中に尖閣が入るだろうということは、そういう解釈は、十分に、わたしは中国側から見れば、当然成り立つ話だと」と話した。
カイロ宣言とは、終戦の2年前の1943年に、当時のアメリカ・中国・イギリスの首脳によって出された声明で、「日本が奪った領土を中華民国へ返還する」とした基本方針が出された。
日本政府は、このカイロ宣言について、「日本の領土処理について、最終的な法的効果を持ち得るものではない」としている。
しかし鳩山氏は、中国側が主張するこの宣言に、尖閣諸島が対象に入るとする解釈は、当然成り立つ話だと述べた。
これまでも、中国寄りともとれる発言を繰り返してきた鳩山氏。
2013年1月、中国を訪問した際には、「政府は、領土問題は存在していないというけれども。係争地であるということを、私は、お互いに認めるということが大事ではないかと」と、尖閣諸島を係争地だと認めるべきだと発言し、物議を醸した。
それに続く今回の発言に、菅官房長官は「その発言を聞いて、私は絶句しました。開いた口がふさがらないという言葉がありますけども、まさに、このようなことだろうというふうに思います。断じて許すことはできない。国民の皆さんの思いも、きっとそうだろうと」と述べた。
自民党の石破幹事長は「極めて国益を損なう、元総理とも思えない、軽率なという言葉を使うのも不適切なくらいの発言だと思います。もう、いい加減にしてくださいと」と述べた。
また、鳩山氏がかつて所属していた、民主党の海江田代表は「鳩山さんの発言というのは、わが党との主張とも違います。やっぱり、歴史的に見まして、固有の日本の領土であるということは、私は明白だろうと思っています」と述べた。
鳩山氏は26日から、中国・北京を訪問し、経済フォーラムなどに出席するという。

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20130625-00000673-fnn-pol




国家の命運 安倍政権 奇跡のドキュメント


 

破壊外交-民主党政権の3年間で日本は何を失ったか-完全まとめ


 

民主党政権では日本が持たない



続きを読む

2013-06-04(Tue)

自衛隊と米軍がアメリカのカリフォルニア州で実施する離島防衛訓練を中国が中止要請 訓練は予定通り行う

 米軍と自衛隊が10日から米カリフォルニア州で実施する離島防衛訓練について中国側が中止を要請していたことが明らかになった。7、8両日に同州の保養地で開かれる米中首脳会談を前に、日米を牽制(けんせい)する狙いがあるとみられる。日本側は「特定の第三国を念頭に置いた訓練ではない」と説明。予定通り行う。

 米軍による水陸両用作戦の定期訓練「ドーン・ブリッツ(夜明けの電撃)」の一環で、日本は初参加。同州の海兵隊ペンドルトン基地やサンクレメンテ島で行う。同島への敵の侵攻を想定し、自衛隊が米軍と上陸、射撃。防衛計画の大綱に記した南西諸島防衛強化の方針を踏まえた訓練だ。

 日米政府関係者によると、沖縄県の尖閣諸島をめぐり日中関係が悪化するなか、中国は日米が連携する離島奪還訓練として難色を示した。7日からオバマ大統領は習近平(シーチンピン)国家主席との会談を控えており、日米で対応を協議。最終的には「訓練は日米同盟に必要だ」として訓練を実施し、予定通り報道陣にも公開することを確認したという。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130604-00000005-asahi-pol




尖閣を獲りに来る中国海軍の実力: 自衛隊はいかに立ち向かうか (小学館101新書)


 

自衛隊主要装備大全―領海、領空、領土を守る「ニッポン防衛の要」 (Town Mook)


 

自衛隊おでかけ ぴあ (ぴあMOOK)



続きを読む







最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。