--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-10-27(Sun)

ピカソの絵画などを盗んで捕まった犯人が盗まれる美術館が悪いと訴訟起こす

オランダの美術館からポール・ゴーギャン(Paul Gauguin)やクロード・モネ(Claude Monet)、パブロ・ピカソ(Pablo Picasso)などの名画7作品を盗み出したことを認めたルーマニア人の男が22日、犯行を容易なものにした美術館側にも責任があるとして、美術館を訴え...続きを読む
スポンサーサイト
2013-10-13(Sun)

キルギス共和国も韓国人と結婚は禁止に 次々とアジアから拒否される朝鮮人

 韓国野党・民主党のヤン・スンチョ議員は6日に行われた国会保健福祉委員会で、キルギス共和国が自国女性と韓国人男性との国際結婚を禁止する方案を検討していると、在キルギス韓国大使館の公文書を基に明らかにした。複数の韓国メディアが報じた。

 ヤン議員によると、4月1日付の公文書には、3月末にキルギスのカミラ・テリエバ社会文化保健労働副総理がキム・チャンギュ韓国大使と副総理室で会い、キルギス人女性と韓国人男性の国際結婚増加による問題を提起したと記されている。

 テリエバ副総理は、キルギス人女性と韓国人男性との結婚増加に伴い、キルギス人女性が嫁ぎ先の韓国で不幸な生活を送ったり、中には死に至るなどの問題が報告されていると説明。「議会で韓国人との結婚を禁止する必要があるとの話まで出ている」と述べ、韓国側に対策を...続きを読む
2013-09-12(Thu)

フランス週刊誌が力士の手足を3本書いて原発問題を馬鹿にする

11日付のフランス週刊紙カナール・アンシェネは、東京電力福島第1原発の汚染水問題を報じる記事で、手や脚が3本ある人物を描いた風刺画を掲載した。

 掲載されたのは、手や脚が3本ある力士の格好をしたやせた男2人が土俵上で向かい合う風刺画...

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130912-00000034-jij-eurp

続きを読む
2013-08-20(Tue)

アメリカと中国の国防相が会談 尖閣で戦争起こすな 尖閣は奪う と応酬

ヘーゲル米国防長官は19日、中国の常万全国防相と国防総省で初めて会談した。ヘーゲル長官は会談後の共同会見で、尖閣諸島(沖縄県石垣市)に関連し、「力による解決ではなく、平和的な解決が重要だ」と述べ、海洋活動を活発化させる中国軍の動向を牽(けん)制(せい)した。常国防相は、アジア太平洋に軍事力の重心を移すオバマ政権の新国防戦略「リバランス(軍事力の再均衡)」への警戒感を示した。

 常国防相はこの中で、南シナ海なども念頭に、西太平洋での領有権問題に関し「中国が核心的利益を簡単に手放すと夢にも思ってはいけない」と述べた。リバランスについては、「特定の国を標的にしないように望む」とクギを刺すとともに、6月の米中首脳会談で習近平国家主席が使った発言を引用して、「広大な太平洋には、米中両大国を受け入れる十分な空間がある」とも強調した。

 中国発の米企業を狙ったサイバー攻撃に関しては、ヘーゲル長官が米中間に作業部会が設置されたことを評価し、中国側のさらなる対応を促した。常国防相は「中国はサイバー攻撃の被害者だ」と従来の中国の主張を繰り返し、「中国軍はいかなるサイバー攻撃も支援したことはない」と否定するなど、双方の隔たりが改めて浮き彫りになった。

 一方、米中軍事交流については、ハイレベルの相互訪問や意見交換が重要との認識で一致。具体的には2014年中にヘーゲル長官と米海軍制服組トップのグリナート作戦部長が訪中し、中国人民解放軍の房峰輝総参謀長が訪米することで合意。西太平洋での偶発的な米中の武力衝突防止に向けた枠組みづくりや信頼醸成を目指す。

 米中国防相会談は昨年9月以来。ヘーゲル、常両氏の顔合わせは初めてで、両氏は、今月下旬にブルネイで開催される東南アジア諸国連合(ASEAN)拡大国防相会議の場で再度会談する方向。

http://sankei.jp.msn.com/world/news/130820/amr13082011420002-n1.htm




中国が耳をふさぐ尖閣諸島の不都合な真実 ~石垣市長が綴る日本外交の在るべき姿~ (ワニブックスPLUS新書)


 

尖閣を獲りに来る中国海軍の実力: 自衛隊はいかに立ち向かうか (小学館101新書)


 

「尖閣」列島―釣魚諸島の史的解明



2013-08-18(Sun)

エジプトの邦人に早期退避を検討の危険情報 外務省

 外務省は17日、エジプトでのモルシ前大統領支持派と暫定政権の衝突激化を受け、7月の渡航延期勧告の内容を強め、同国滞在中の邦人に早期の退避を検討するよう求める危険情報を出した。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130818-00000002-jij-pol


E02 地球の歩き方 エジプト 2013~2014

続きを読む

2013-08-16(Fri)

イスラエル政府高官が原爆犠牲者追悼式典を「独り善がりでうんざり」「原爆投下は自業自得」「帝国主義的侵略と大量虐殺の犠牲者を慰霊でもしていろ」と暴言

広島・長崎の原爆犠牲者追悼式典について、イスラエル政府高官・ダニエル・シーマン氏が自身のFacebookページに、「独り善がり」で「うんざりする」などと書き込んでいたことがわかった。
シーマン氏はイスラエル政府で長く海外メディア担当をつとめ、首相府のインターネット広報戦略の責任者に就任する予定だった。
地元紙ハーレツによると、シーマン氏が冒頭の投稿をしたのは2013年8月8日のこと。続けて「広島と長崎は日本の侵略の帰結だ。自業自得だ。(日本人犠牲者の)代わりに、中国人、韓国人、フィリピン人、マレー人、ベトナム人、カンボジア人、インドネシア人、ビルマ人、その他推定5000万にのぼる日本の帝国主義的侵略と大量虐殺の犠牲者を慰霊するべきだ。日本による虐殺を打ち負かすために戦った12万人近い連合軍の犠牲者は言うまでもない。こういう人たちが報いられるべきだし、思い起こされるべきだ」とも述べたという。発言は現在すべて削除されている。
シーマン氏の一連の発言について、在テルアビブ日本大使館は15日までにイスラエル外務省に抗議した。また、イスラエル政府は「受け入れがたく、イスラエル政府の見解を示したものではない」と距離を置く姿勢を示し、シーマン氏を停職処分とした。

http://www.j-cast.com/2013/08/16181632.html


なぜアメリカは日本に二発の原爆を落としたのか

続きを読む

2013-08-12(Mon)

デンマークの政治家「中国人は全員焼け死ね」「目の前に中国人がいたら撃ち殺す」などと発言

2013年8月12日、環球時報によると、デンマーク・ヘルシンゲル市議会の社民党議員が8月初旬、「中国の気温が140℃まで上がり、全員焼け死ねばいい」などと発言し、デンマーク国内で波紋が広がっている。

同議員は、現地メディアの記者に対し、「中国人が焼け死ねば、世界が“中国ごみ”から解放される」と話し、「もし目の前に中国人がいたら、撃ち殺すだろう」とした。同議員がこれほどまでに中国人を憎んでいるのは、動画サイトYouTubeで、ある中国の村で少数民族の子どもを虐待している映像を見たためだとみられるが、その映像は現在削除されている。

同議員は「ばかげた発言だった」と謝罪したものの、辞職については断固として拒否している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130812-00000021-rcdc-cn




すぐに役立つ 中国人とうまくつきあう実践テクニック


 

中国人の正体


 

中国人には、ご“用心"!



続きを読む

2013-08-06(Tue)

パキスタンのテレビ番組で子供のいない夫婦に孤児の赤ちゃんを養子として渡したら欧米が子供を景品として扱ったと批判

パキスタンのテレビ局が5日までに、福祉団体が引き取った孤児の赤ちゃん2人を、子供のいない夫婦2組に養子として渡す番組を放映したところ、欧米メディアが孤児を「視聴率稼ぎ」に使っていると批判、公開の「養子縁組」をめぐり司会者側と論争になっている。

 番組は14年間子供を得られなかった女性が男性司会者リアカット・フセイン氏に赤ちゃんを手渡され、「まるでわたしが生んだように感じる。この子は神からの贈り物です」と語り、会場にいた観客も感動して泣いた。

 福祉団体は、養子縁組を求めていた夫婦を事前に審査し、養父母となる資格があると主張している。

http://www.47news.jp/CN/201308/CN2013080501002263.html




産めないから、もらっちゃった!


 

子どものいない夫婦のための里親ガイド


 

「家族」をつくる―養育里親という生き方 (中公新書ラクレ)



続きを読む

2013-08-05(Mon)

13年前日本で盗まれた絵画がイギリスの競売で落札される 1億5000万

 2000年に東京都世田谷区の住宅から盗まれたルノワールの油絵が今年2月、英国のサザビーズで競売に出品され、約105万ポンド(約1億5000万円)で落札されたことが5日、分かった。

 警視庁成城署が窃盗事件として捜査したが、容疑者は特定されていない。海外には盗難美術品のデータベースがあるが、この油絵は登録されておらず、競売会社の盗品チェックもすり抜けたとみられる。

 油絵はルノワールが知人の画家の妻を描いた「マダム・ヴァルタ」。盗まれた男性は返還を求める意向だが、購入者の特定や返還請求の期限の問題で、取り戻すのは難しいという。

http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20130805/dms1308051552004-n1.htm




西洋絵画の巨匠 (4) ルノワール


 

ルノワール アート・ギャラリー現代世界の美術 (2) (アート・ギャラリー現代世界の美術)


 

RENOIR 幸福の画家「ルノワール」のすべて (e-MOOK 宝島社ブランドムック)



2013-08-03(Sat)

アルカイダが中東・北アフリカに攻撃を計画している可能性があるため渡航警戒

米国務省は2日、全世界の米国民に向けた渡航警戒情報を出し、国際武装組織アルカイダが今月、中東・北アフリカで攻撃を計画している可能性があるとして注意を呼びかけた。

同省は声明で、「テロリストによる攻撃の可能性」があるとし、特に警戒が必要な地域として中東・北アフリカ、アラビア半島を上げた。8月末までにアルカイダと関連組織による攻撃が行われる恐れがあるとの見方を示した。

同省は1日、通常は日曜に業務を行っている中東の一部大使館を4日に閉庁することを明らかにした。

米当局者がロイターに語ったところによると、渡航警戒情報は、閉庁を決める根拠となった情報と同じ情報に基づいて出された。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130803-00000016-reut-m_est




ニュースがわかる!「世界紛争地図」の読み方: 民族・宗教・領土・資源…対立の火種を徹底検証!


 

「中東アラブ25ヵ国」のすべて (PHP文庫)


 

2030年 世界はこう変わる アメリカ情報機関が分析した「17年後の未来」



続きを読む







最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。