--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-11-03(Sun)

韓国が竹島を我が領土と広報する動画にNHKのドラマを無断使用

島根県・竹島を巡り、韓国外交省がホームページに掲載した広報用動画の一部に、NHKのドラマ映像が無断使用されていたことが27日、わかった。

 動画は「独島(トクト)(竹島の韓国名)は我が国のもの」と...続きを読む
スポンサーサイト
2013-08-13(Tue)

竹島に韓国の国会議員12人が上陸「竹島は我々の領土」「日本はアジアの平和を損ねる」などと意味不明の主張繰り返す

韓国の最大野党・民主党の金ハンギル代表ら同党の国会議員12人が13日午後、島根県・竹島に上陸した。

 日本政府は韓国外交省を通じ、上陸しないよう求めていた。日本の植民地支配からの解放を記念する15日の「光復節」に合わせて上陸を強行することで、日本に対して竹島の領有権を主張する狙いがある。

 韓国議員団はヘリを使って日帰りで上陸し、韓国メディアの共同取材団も同行した。民主党によると、金代表は同島の警備隊から状況報告を受けた後、記者団に「独島(竹島の韓国名)が我々の島だということを確認するために来た」と強調。また、「最近、日本で起きている右傾化と軍国主義復活の兆しは、北東アジアの平和と安定を損ねる深刻な挑発だ」と述べた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130813-00000944-yom-int




日本人が知っておくべき竹島・尖閣の真相 (ポスト・サピオムック)


 

決定版! 尖閣諸島・竹島が日本領土である理由がわかる本 (宝島社ブックレット)


 

韓国が「反日」をやめる日は来るのか



続きを読む

2013-08-02(Fri)

竹島の韓国による不法占拠認知し6割 内閣府世論調査

 内閣府は1日、島根県の竹島に関する世論調査結果を発表した。竹島の存在を「知っていた」との回答は94・5%。このうち「韓国が不法占拠を続けている」と認識していた人は63・1%で、全体の約6割にとどまった。

 調査は2月の領土・主権対策企画調整室の発足に伴い、初めて実施した。6月20~30日に全国の20歳以上の男女3千人を対象に面接で行い、1784人(59・5%)が答えた。

 竹島を知った経路は「テレビ・ラジオ」が96・1%でトップ。「首相官邸・外務省ホームページ」は1・8%にとどまった。竹島に「関心がある」とした人は「どちらかといえば」も含めて71・1%。「関心がない」「どちらかといえば関心がない」とした28・0%に理由を尋ねたところ、「自分の生活にあまり影響がない」が54・9%で最多だった。

http://www.asahi.com/politics/update/0801/TKY201308010332.html




日本人が知っておくべき竹島・尖閣の真相 (ポスト・サピオムック)


 

決定版! 尖閣諸島・竹島が日本領土である理由がわかる本 (宝島社ブックレット)


 

韓国が「反日」をやめる日は来るのか



続きを読む

2013-08-02(Fri)

竹島の書かれた江戸時代中期の地図見つかる これまであった地図よりさらに古く 竹島が日本領である事を裏付け

 江戸時代中期(1760年代)に作製された、竹島を最初に記したとみられる日本地図2点が確認されたことが1日、分かった。調査した島根県が特定した。2点は、竹島が記された最も古いとされる日本地図「改正日本輿地路程(よちろてい)全図」(1779年初版)の約10年前に作られ、同全図のもとになったとみられる。文献資料などをもとに「遅くとも17世紀半ばには竹島の領有権を確立した」とする日本政府の主張を補強する材料となりそうだ。

 新たに確認された2点は、1760年代に作られた「日本図」と、明和5(1768)年の「改製日本扶桑分里図(ふそうぶんりず)」。水戸藩の地理学者、長久保赤水(せきすい)(1717~1801年)が手掛けた。

 改正日本輿地路程全図も長久保の作製で、江戸時代に日本が竹島の領有権を確立していたことを示す証拠の一つとされる。2点は同全図の下図と原図とみられ、長久保が早くから竹島の存在をはっきり認識していたことを裏付ける貴重な資料となる。

 長久保の子孫で、茨城県高萩市の元教員、長久保甫(はしむ)さん(73)が高萩市教委に寄託したものを、島根県の竹島問題研究会が調査、作製年代を特定した。

 2点とも隠岐諸島の北西に、「松島」と表記されている現在の竹島、「竹島」と表記されている鬱陵島の島名が記されている。

 また、改製日本扶桑分里図には、地図上に縦と横の線が引かれていた。隠岐諸島から見た竹島と鬱陵島の位置が北北西から、より正確な北西方向に書き直された跡も残る。

 鬱陵島の横には「見高麗猶雲州望隠州」の表記も。「ここ(鬱陵島)から朝鮮(高麗)が見えるのは、ちょうど出雲国(雲州)から隠岐国(隠州)を望み見るようなものだ」との内容で、鬱陵島を朝鮮領と認識していないことが推認できる。

 県によると、韓国では竹島を正確に記した同年代の地図は一枚も確認されていないという。

 県は「長久保が竹島を日本領という認識で日本地図を作製していたことがはっきり確認できた。江戸時代から竹島を含む日本の正確な地図があった」と、日本の主張の正当性を改めて強調している。

 2枚の地図は、松江市の県竹島資料室で複製版を展示する予定。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130801-00000105-san-pol




虚言と虚飾の国・韓国 (WAC BUNKO)


 

韓国人が書いた 韓国が「反日国家」である本当の理由


 

韓国が「反日」をやめる日は来るのか



2013-07-16(Tue)

竹島の影響で韓国を旅行する日本人が大幅減少に韓国観光業界が悲鳴 韓流ブームから反日ブームへ

 日本人旅行者の減少が続く韓国で、観光業界が悲鳴を上げている。韓流ブームを追い風に、昨年3月には単月の日本人観光客が36万人と過去最高になったのもつかの間。島根県・竹島をめぐる日韓関係の悪化を受けて、昨年9月以降、韓国を訪れる日本人旅行者は前年割れが続いている。朴槿恵政権が反日色を強める中で、韓国業界は日韓関係の正常化を要請するなど、“断末魔”の様相を呈している。

 「韓国と日本の関係が悪化し、多くの旅行社が整理・解雇をするなど経営難に陥っている」。今年4月、韓国の旅行会社約1万5千社で組織する韓国旅行業協会は、韓国政府への要望書でこう窮状を訴え、金融支援を求めた。これを受けて、日本の観光庁にあたる文化体育観光部は6月、深刻な経営危機に陥った旅行会社などを救済するため、100億ウォン規模の緊急融資を実施した。

 さらに6月25日には、大韓商工会議所が同部の次官を招いて、日韓観光交流の正常化を求めた。さらに9月には韓国の業界トップらが訪日し、日本の業界団体と意見交換する予定で、集客回復になりふり構わぬ姿勢だ。

 韓国観光公社の調査によると、日本からの観光客数は昨年9月以降、前年割れが続いている。4月は前年同年比32・2%減の約20万人、5月も29・6%減の約22万人とピーク時に比べ10万人以上落ち込んだ。

 影響は旅行会社だけではない。ロッテホテルは、日本人旅行者の減少などから2013年1~3月期決算が営業赤字に陥ったほか、新羅ホテルも大幅な営業減益となった。一部の中・小ホテルでは経営が困難となるケースもあるという。

 こうした状況は、日本からの海外旅行者がピークとなる夏休みの旅行シーズンを迎えても変わりそうにない。旅行大手JTBがまとめた夏休み期間中(7月15日~8月31日)の海外旅行人員予想は、韓国への旅行客が34万3千人と前年同期比で24・8%減となる見通しだ。関西空港発着のパックツアーの予約状況も「前年同期比で予約は2~3割減」(在阪旅行会社)というように、日本人の“韓国離れ”には、いぜん歯止めがかからない状況にある。

 ある旅行会社の幹部は「韓国への旅行者減は、『レジャーを楽しむ』という部分で消費者を刺激する要素が後退したからだ」と分析した。「反日の国に行っても楽しくない」という当たり前の選択を消費者が行った結果だけに、韓流ブームの終焉(しゅうえん)といっても過言ではない。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130710-00000503-san-bus_all




虚言と虚飾の国・韓国 (WAC BUNKO)


 

韓国人が書いた 韓国が「反日国家」である本当の理由


 

韓国が「反日」をやめる日は来るのか



2013-07-05(Fri)

韓国が今度は竹島に韓国内で人気のキャラクターの建造物を設置 しかし日本のパクリキャラのため中止へ

 韓国の彫刻家キム・テッキ氏が、竹島(韓国名・独島)に同国の人気キャラクター「テコンV」の造形物を設置するプロジェクトを企画したところ、同国のインターネット上で反対意見が相次いだ。設置に向けた募金活動も中断した。複数の韓国メディアが4日、報じた。

 「ロボットテコンV」は1976年に韓国で制作されたロボットアニメーション。韓国では「初の国産ロボットアニメ」として高い人気を集めたが、日本の「マジンガーZ」と酷似しているとして以前から盗作が指摘されている。今回、設置に反対した韓国のネットユーザーらは、日本から強い影響を受けたキャラクターを竹島に設置することは不適切だと主張している。

 キム氏の「テコンV」設置プロジェクトは今月1日、朝鮮日報が報じた。記事によると、8月15日の光復節(日本の植民地支配から解放されたことを祝う祝日)に、トロンボーンを吹く全長13メートルの「テコンV」を竹島に設置し、竹島が韓国の領土であることを世界に伝える計画という。

 インターネット上の募金支援サイトでは、6月27日から「ロボットテコンV、独島に立つ」と題した募金活動が始まり、これまでに18人が計164万ウォン(約14万円)を寄付した。しかし、ネット上で設置反対の声が高まったことを受け、募金は7月3日に中断。4日には、「作家の要請により募金を中止します。後援金はすべて安全に返還されます」とのメッセージが発表された。

 韓国メディアによると、募金が中断した現在も、ネット上にはプロジェクトを非難するコメントが書き込まれている。「日本のパクリキャラを独島に設置することは、独島を日本に渡すことと同じ」、「日本で笑いのネタになる」、「平和どころか葛藤をあおるだけ」などといった意見があるという。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130704-00000022-scn-kr




竹島に行ってみた!マスコミがあえて報道しない竹島の真実 (SEIRINDO BOOKS)


 

スーパーロボット超合金 マジンガーZ


 

マジンガーZ BOX1(初回生産限定) [DVD]



続きを読む

2013-04-27(Sat)

韓国軍が米軍との親善コンサートで反日歌謡の独島はわれらの土地を合唱 米軍は共演を拒否

韓国海軍が近く米海軍と合同開催する軍楽隊同士の親善コンサートで、韓国の大衆歌謡「独島はわれらの土地」が演奏されることになり、米側がその歌だけ演奏を辞退、韓国側だけで演奏する異例の事態となった。

 「独島」は竹島(島根県隠岐の島町)の韓国名。韓国海軍は大型強襲揚陸艦を「独島」と命名するなど“独島・愛国キャンペーン”に熱心だ。今度は米軍まで引き込み“対日嫌がらせ”を強行しようとしたが、米側はそれに乗らなかった。

 今回のコンサートは朝鮮戦争休戦60周年記念として韓国海軍が計画。横須賀を拠点とする米第7艦隊の軍楽隊を招き26日と28日、ソウルと釜山で合同演奏会を開く。演奏会は公開で米韓の11曲が演奏され、その中に韓国の反日歌謡「独島はわれらの土地」が合唱付きで含まれているという。このため招待されていた在韓日本大使館の駐在武官は急遽(きゅうきょ)出席を取りやめた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130426-00000095-san-kr


決定版! 尖閣諸島・竹島が日本領土である理由がわかる本 (宝島社ブックレット)
2013-03-20(Wed)

昭和初期に漁民が竹島で農耕していた事を示す地図が発見される

 島根県は18日、日韓両国が領有権を主張する同県の竹島(韓国名・独島=トクト)で、昭和初期に漁民が畑作をしていたことを示す県所蔵の地図を確認した、と発表した。県は「昭和初期まで漁民が竹島で長期間生活していたことを示す資料」としている。

 地図は縦22センチ、横28センチ。青いインクで手描きされている。畑跡のほか、アワビを塩漬けにする作業小屋や日露戦争時の望楼跡も記す。

 県によると、隠岐の島町の住民への聞き取りで、竹島で約1カ月滞在するため、畑にネギや大根を植えたとの証言があったという。地図で畑跡の位置を初めて確認した。

 県は、地図に「昭和三年九月」と記されていることから1928年の状況を図示したとみる。県が51年に外務省の事務官に宛てた報告書に添付していた。県は昨年12月、県公文書センターを調査した際、報告書に挟んであった地図を見つけた。

http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201303190057.html


竹島密約

2013-03-16(Sat)

韓国が朴槿恵政権に配慮して日本のメディアに竹島を報道するなと要求

韓国の外交通商省当局者が15日夕に行われた尹炳世外交通商相と日本メディアとの会見後、島根県・竹島の領有権問題に関する質疑応答がなかったように報道するよう記者団に求めた。記者団は拒否したが、一時押し問答に発展した。

 尹氏は会見で、竹島関連の質問に「どのように日韓間の信頼関係を構築するかが最も大事だ」と語るにとどめた。

 会見終了後、当局者が記者団に「韓国では朴槿恵政権が発足したばかり。この問題に触れることは両国にとって良くない」と報道自粛を要求。記者団が「質問の事前通告も済ませてある。応じられない」と拒むと「報道は絶対に認めない」と反発した。

http://www.47news.jp/CN/201303/CN2013031501002293.html


歴史でたどる領土問題の真実 中韓露にどこまで言えるのか (朝日新書)

2013-03-07(Thu)

竹島が記載の1942~43年に発行された地図がみつかる 新たに竹島が日本領である証明に

 1942、43年に旧日本陸軍の陸地測量部が発行し、日本海に竹島が記載された2種類の地図が見つかったと島根県が6日、発表した。

 所有していた宮崎市の男性が県に連絡して判明。竹島の近くに当時の国内発の航路も記されており、県は研究用に地図を借り、複製を展示する予定。

 県によると、地図は、アジア・太平洋地域などを収めた「太平洋素図」(42年、縮尺2000万分の1)と「太平洋全図」(43年、縮尺1500万分の1)。

 両方とも日本海に竹島が描かれ、「竹島」と島名を明記。そばには北海道・小樽と中国・大連を結ぶ航路を示す点線が描かれていた。当時の竹島が、日本海を行き来する船の目印になっていた様子がうかがえるという。鬱陵島の島名は「欝陵島(松島)」と書かれていた。

 県が昨年11月に竹島に関する資料の提供を呼びかけた直後、男性から情報が寄せられた。県が調べた結果、同じ地図は国立国会図書館や東北大などにしか残っていないという。県の呼びかけに対し、6日までに地図や古文書など今回の地図を含む15件の情報提供が寄せられており、「竹島が日本領であることを示す資料があれば連絡を」としている。問い合わせは、県竹島資料室(0852・22・5669)へ。

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130307-OYT1T00483.htm


日本人が知っておくべき竹島・尖閣の真相 (ポスト・サピオ ムック)






最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。