--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-07-31(Wed)

金沢21世紀美術館、文化財に被害の出る害虫を根絶せず国宝を展示しようとしていた

金沢21世紀美術館(金沢市、21美)が2年前、カビを好み文化財に被害を与える害虫が発生していたにもかかわらず、奈良・薬師寺の国宝展を誘致していたことがわかった。「国宝を危険にさらす」と文化庁が難色を示し実現しなかったが、害虫は今も根絶できていない。

 21美によると、2011年8月にいくつかの展示室でチャタテムシが見つかった。収蔵庫では別の害虫が見つかった。チャタテムシは体長1ミリ前後。紙やカビを食べ、湿気やカビによる展示環境の悪化を示すとされる。

 21美は外部に公表しないまま、11年秋、薬師寺の国宝東塔(とうとう)解体を機に「国宝の仏像などを薬師寺から借り、現代美術と一緒に出陳したい」と文化庁に打診した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130731-00000016-asahi-soci




仏像: 日本仏像史講義 (別冊太陽スペシャル 創刊40周年記念号)


 

リボルテックタケヤ SERIES No.014 不動明王


 

リボルテックタケヤ SERIES No.003EX 阿修羅 木調版



続きを読む

スポンサーサイト
2013-07-17(Wed)

オランダの美術館からピカソやモネの作品が盗まれた事件で容疑者の母親が証拠隠滅のために130億円相当の作品を焼却していた

オランダ・ロッテルダム(Rotterdam)のクンストハル(Kunsthal)美術館から昨年10月、わずか90秒足らずの間に盗みだされたパブロ・ピカソ(Pablo Picasso)やクロード・モネ(Claude Monet)などの7作品が、容疑者の母親によって燃やされていたことが分かった。ルーマニアの通信社メディアファクス(Mediafax)が16日に伝えた。

 今年1月に逮捕されたラドゥ・ドガル(Radu Dogaru)被告の母親は「証拠を隠滅」するため、総額1億ユーロ(約130億円)を超える作品を自宅のかまどで燃やしたと話している。「作品の入ったスーツケースを自宅のかまどに入れた。薪と室内履き、ゴム靴もかまどに入れ、完全に燃え尽きるのを待った」という。

 裁判所に提出された書類によると、母親は「非常に深刻なことが起きたと認識しており、息子が逮捕された今年1月以降、とても恐れていた」。5月には捜査員が母親の自宅のかまどの灰を徹底的に調べたと報じられ、絵画が燃やされたのではないかと心配されていたが、それが事実だったことが確認された形になった。

 被害に遭った作品はピカソの「アルルカンの頭部(Tete d'Arlequin)」、モネの「ウォータールー橋、ロンドン(Waterloo Bridge, London)」、ルシアン・フロイド(Lucian Freud)の「Woman with Eyes Closed」など。「世紀の盗難」と言われるこの事件の裁判は8月に行われる予定だ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130717-00000015-jij_afp-int




もっと知りたいピカソ 生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)


 

クロード・モネ絵画集 (近代絵画)


 

モネ、ゴッホ、ピカソも治療した絵のお医者さん 修復家・岩井希久子の仕事



続きを読む

2013-07-13(Sat)

日本画家の平山郁夫の妻が2億円の脱税

 2009年12月に79歳で亡くなった日本画家で文化勲章受章者の平山郁夫氏の妻が、東京国税局の税務調査を受け、相続遺産約3億円の申告漏れを指摘されたことが分かった。このうち自宅で見つかった現金約2億円については意図的な遺産隠しと判断された模様で、重加算税などを含む追徴税額は約1億5000万円に上るとみられる。既に修正申告したという。

 関係者によると、平山氏の遺産について、妻は10年、神奈川県鎌倉市の自宅の相続などを税務申告した。しかし、その後の税務調査で、平山氏が残したとみられる現金約2億円が自宅にあったにもかかわらず、申告から除外していたことが発覚。国税当局は妻が申告時に現金の存在を認識していたとみて、隠蔽(いんぺい)行為と判断した模様だ。

 これとは別に、平山氏の作品の著作権を巡り、評価額が過少だったとして約1億円の申告漏れも指摘されたという。ただ、平山氏の遺産のうち9億円超に相当する美術品やアトリエに使われた土地・建物など計約11億4000万円分は、妻が代表理事を務める公益財団法人「平山郁夫シルクロード美術館」に寄付され、非課税となった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130713-00000019-mai-soci




平山郁夫の世界


 

平山郁夫 (現代の日本画)


 

新版 平山郁夫 私のスケッチ技法




2013-06-26(Wed)

移築された御三階から鶴ケ城下炎上や会津藩主の肖像画などが発見される

1 名前:名無し 投稿日:2013/06/26

 明治初期に会津若松市の鶴ケ城本丸から同市の阿弥陀寺に移築された建築物「御三階(おさんがい)」から、鶴ケ城下が炎上している絵や会津藩主松平容保とみられる肖像画などが発見されたことが25日、分かった。作者など詳細は分かっていないが、貴重な史料として関係者らの間で話題になりそうだ。
 阿弥陀寺の住職を兼務する見性寺(同市)の高橋正信住職(75)が御三階を整理していたところ、階段の下にあったのを見つけた。城下の絵には作者も年代も記されていないが、肖像画の裏には1900(明治33)年、戊辰戦争の戦死者の三十三回忌に際し、地域の名士とみられる人たちが献納した記載がある。城下の絵は街が燃え、攻撃から人が逃げまどっているように見える。市教委文化課は燃えさかる城下の様子から、「開城の少し前ぐらいを描いたのではないか」と推測している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130626-00010002-minyu-l07




廃城をゆく (イカロス・ムック)


 

会津藩 不屈の600年史 (歴史探訪シリーズ 10・晋遊舎ムック)


 

図説・幕末戊辰西南戦争―決定版 (歴史群像シリーズ)



続きを読む

2013-06-19(Wed)

国内で最古の中国製陶器みつかる

1 名前:名無し 投稿日:2013/06/19

奈良県桜井市の山田寺跡(特別史跡、7世紀)で出土した焼き物「三彩(さんさい)」の破片が、国内で見つかった中国製陶器としては最古級の可能性が高いことが、兵庫陶芸美術館(兵庫県篠山市)の弓場紀知(ゆばただのり)副館長(東洋陶磁史)の調査でわかった。有名な唐(とう)三彩のルーツとされる北斉(ほくせい、550~77)時代の陶器の可能性があり、飛鳥時代の国際交流を考える重要な資料になりそうだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130618-00000025-asahi-ent




「開運!なんでも鑑定団」の十五年


 

骨董屋面白話


 

はじめての骨董鑑定入門 ~日本のやきもの (ほたるの本)



2013-05-13(Mon)

メキシコに日本人が奴隷として売られていた

 安土桃山時代末の1597年、日本人が「奴隷」としてメキシコに渡っていたことがわかった。

 ポルトガル人で同国立エヴォラ大特別研究員ルシオ・デ・ソウザさん(大航海時代史)と、東大史料編纂(へんさん)所の岡美穂子助教(日欧交渉史)がメキシコ国立文書館に残る異端審問記録で確認した。「日本人奴隷」の実態を示す貴重な資料であり、日本人の太平洋渡航を詳細に記した最初の資料としても注目される。研究成果は近く海外で出版される予定。

 審問記録には、日本名の記載はないが、名前の後ろに「ハポン(日本)」と明記された、「日本生まれ」の人物の名があった。「ガスパール・フェルナンデス」「ミゲル」「ベントゥーラ」の3人で、いずれも男性とみられる。

 ガスパールは豊後(大分県)生まれ。8歳だった1585年、長崎で日本人商人からポルトガル商人のペレスに、奴隷として3年契約7ペソで売られた。その後の詳細は不明だが、引き続きペレスのもとで、料理などの家事労働をしていたとみられる。当時のスペインで、高級オリーブオイル1本が8ペソだった。

 ベントゥーラは来歴不明だが、ミゲルは94年、ポルトガル奴隷商人がスペイン領マニラで、ペレスに売った。

 ペレスはマニラ在住時の96年、隠れユダヤ教徒として当局に逮捕され、有罪判決を受けた。次の異端審問のため一家は97年12月、マニラから太平洋航路でスペイン領メキシコ・アカプルコに移送された。その審問記録に、ペレスの「奴隷」として3人の名があった。

 ガスパールは審問で、食事内容をはじめとするペレス家の信仰の様子などを証言。その後の99年、ベントゥーラと共に、自分たちは奴隷ではないと当局に訴え、1604年に解放された。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130513-00000675-yom-soci


人物なぞとき日本の歴史〈4〉戦国・安土桃山・江戸時代前期

2013-05-06(Mon)

村上春樹が京都大学で講演 マスコミに録画録音させず

 作家の村上春樹さん(64)が6日、京都市の京都大で「河合隼雄物語賞・学芸賞」創設記念の催しに出演した。先月刊行された新作長編「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」に触れ、前作「1Q84」で日常と非日常の境が消失した世界を描いたのに対して「今回は、表面は全部現実だが、その底に非現実があるというものをやりたかった。新しい文学的試み」などと語った。
 チェック柄の半袖シャツにグレーのジャケット姿で現れた村上さんは講演で「物語は人の魂の奥底にある。小説家はその深い所へ下りていく。臨床心理学者の河合先生ほどそのことを理解し、共感できた人は他にいません」と故人をしのんだ。
 評論家の湯川豊さん(74)の質問に答える「公開インタビュー」では、デビュー以来の作品と内面の変化をたどり、「(1990年代前半の)『ねじまき鳥クロニクル』で重層的な世界を作り、上のレベルに上がることができた」と分析。さらに「1Q84」では「三人称スタイルで総合小説を書こうとし、それができた」と述べた。
 地下鉄サリン事件の被害者らにインタビューしたノンフィクション「アンダーグラウンド」(97年)についても、「遺族の方に3時間インタビューした後で、1時間も泣いた。大きな体験だった」と振り返りつつ、「2000年ごろ、ようやく書きたいものが書けるようになった」と話した。
 村上さんはストーリー重視の「物語」小説の重要さを強調し、「小説家の役割は人々が持つ『物語』のモデルを提供すること。読者がそれを読んで共鳴し、呼応することで、魂のネットワークができていく。それが物語の力」とも語った。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130506-00000033-jij-soci


色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年

続きを読む

2013-04-26(Fri)

マヤ文明が従来より200年早く発展していた事がわかる

 メキシコ南東部から中米で16世紀まで繁栄したマヤ文明は、従来の学説より約200年早く、紀元前1000年ごろには発展し始めていた可能性が高いことが分かった。国際調査団がグアテマラのセイバル遺跡を発掘し、当時の中央広場や祭祀(さいし)施設の跡を発見した。団長の猪俣健・米アリゾナ大教授や青山和夫茨城大教授らが26日付の米科学誌サイエンスに発表した。
 遺跡はジャングルを流れる川に近い丘の上にあり、発掘調査が2005年、約40年ぶりに再開された。自然の地盤に突き当たるまで深く掘削したところ、最も古い紀元前1000年ごろの地層から、当時の人々が集められた中央広場や、大小三つの「基壇(きだん)」と呼ばれる土造りの舞台のような祭祀施設の跡が見つかった。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130426-00000008-jij-soci


3D立体パズル カスティーヨ マヤ文明ククルカンの神殿

2013-03-26(Tue)

自分の書籍を電子化する作業を代行する業者に使用料請求検討 作家団体

 紙の本をスキャナーで読み取り、自前の電子書籍を作る「自炊」の代行業者に対し、スキャン行為を許諾する代わりに、業者から著作権使用料を取る構想が、作家や漫画家などの著作者団体の間で検討されていることが25日、わかった。

 日本文芸家協会や日本漫画家協会、日本写真著作権協会などが、26日、「蔵書電子化事業連絡協議会」を設立。許諾を与える枠組みやルール作りについて本格的な協議を始める。

 個人が自ら使用する目的で自炊を行うことは、紙の本を自分でコピーするのと同じく、「私的複製」として著作権法で認められている。しかし、自炊代行業者は客の依頼を受け、紙の本を1冊100円前後で大量に電子書籍化している。作家や出版社は、複製者と利用者が異なるため私的複製には当たらず、著作権法違反だとして、スキャン行為の差し止め訴訟を起こすなど反発を強めてきた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130325-00001600-yom-soci


書籍・漫画などのスキャンが簡単 A4スキャンスタジオ 自動連続撮影 自動トリミング機能 LEDライト 立体物もOK

続きを読む

2013-03-25(Mon)

東日本大震災で損壊した土蔵から伊達政宗の起請文みつかる

 東日本大震災で損壊した茨城県ひたちなか市の土蔵から、戦国大名・伊達政宗の起請文(きしょうもん)(誓約書)が見つかった。

 対立する佐竹氏につく常陸(ひたち)(茨城県)の武士に、佐竹氏を裏切るよう促した「密書」とみられる。関東に送られた政宗の起請文が見つかったのは初めてという。

 被災した土蔵などにあった文化財が建物ごと処分されないよう活動するボランティア団体「茨城史料ネット」が確認した。壁や瓦が崩れた蔵の所有者家族が、片づけ中に「政宗」と読める文書に気づき、昨秋、ニュースで活動を知った同ネットに連絡した。

 代表の高橋修・茨城大教授(日本中世史)によると、起請文は1589年(天正17年)、常陸の大名・佐竹義宣の配下にあった小野崎昭通(あきみち)に宛てられた。「中川北ニ江戸領之内(中略)可宛行(那珂川以北の江戸氏の所領をあてがう)」と記され、近隣の江戸氏に打ち勝てば、その領地の一部を与えると約束している。佐竹氏からの離反を条件としていたとも読み取れる「其元事切候以後(お前が手切れした後)」との記述もあった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130325-00000225-yom-soci


TWT-JAPAN戦国 武将 お面 伊達政宗







最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。