--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-10-13(Sun)

兵庫県明石市が婚外子の出生届を受け取る違法行為をすすんでする方針

 兵庫県明石市は1日から、結婚している夫婦の子(嫡出子)か結婚していない男女の子(婚外子)かを区別せずに記載できるよう出生届の様式を変更した。全国の自治体で初という。記者会見した泉房穂市長は「市民にもいろいろな事情がある。多様性を受け止めたい」と話した。
 同市によると、「父母との続き柄」の欄で嫡出子か婚外子のいずれかにチェックを入れる項目を削除した出生届を新たに窓口に備え付ける。チェックを残した従来の用紙も用意し、どちらを出しても受理する。
 法務省は2010年3月、親の戸籍などで確認できる場合は、書かれていない部分があっても出生届を受理するよう自治体に通知。以降、同市は婚外子の区別がない場合も出生届を受理しており、「今回の運用も法務省通知の範囲内の対応」としている。
 一方、同省は「法務省令で定められた様式に反しており違法」と話している。神戸地方法務局が...続きを読む
スポンサーサイト
2013-07-02(Tue)

コラムニストの勝谷誠彦が兵庫県知事選に出馬

参院選と同日程の兵庫県知事選(4日告示、21日投開票)に、コラムニストの勝谷誠彦(かつやまさひこ)氏(52)が立候補を検討していることが分かった。関係者によると、勝谷氏は周囲と立候補に向けた相談を始めており、慎重に可否を見極めるとみられる。

 勝谷氏は1日、朝日新聞の取材に対し、旧自治省(現総務省)出身で4選を目指す現職の井戸敏三知事(67)について「典型的な役人上がりで、何もやっていない」と批判し、「誰かが立ち上がらなければおかしい」と話した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130702-00000008-asahi-pol




あっぱれ!懲りない朝日新聞(笑) (WAC BUNKO 175)


 

三宅久之の書けなかった特ダネ (青春新書インテリジェンス)


 

食の極道―喋るも食うも命がけ (文春文庫)



続きを読む

2013-06-18(Tue)

岐阜県養老町の皆川雅子町議が娘を役所に採用されるよう働きかけたあげく公金横領した娘を告訴しないよう町長に頼む

1 名前:名無し 投稿日:2013/06/18

 岐阜県養老町の皆川雅子町議(72)(4期)が、自分の娘で、公金を着服したとして解雇された元嘱託職員(45)を告訴しないよう大橋孝町長に頼んでいたことが17日、町議会の報告書でわかった。

 報告書はさらに、2010年に娘の採用を町幹部に働きかけたとも指摘。事件発覚後の今年3月、町議会は議員辞職を勧告したが、皆川町議は「体調不良」を理由に本会議を欠席している。

 養老町は同月、元嘱託職員が勤務していた町斎場の施設使用料約100万円を着服したとして、解雇するとともに業務上横領容疑で告訴した。着服総額は約1000万円とみられる。施設使用料の明細書に不審点があるのを別の職員が見つけ、発覚した。

 皆川町議は議長経験もあるベテラン。町が元嘱託職員の告訴準備を進めていた今年2月4日、町長室で大橋町長に対し、「突然告訴と言われても困る。穏便にお願いしたい」と求めたとしている。大橋町長は拒否したという。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130618-00000176-yom-soci




道徳の教科書 善(よ)く生きるための七十の話 (PHP文庫)


 

現代社会の倫理を考える〈5〉職業の倫理学 (現代社会の倫理を考える (5))


 

お金の不正防止マニュアル



2013-06-14(Fri)

東京都議選が14日告示 夏の参院選の前哨戦

 与野党が夏の参院選の前哨戦と位置付ける東京都議選は14日告示され、午前8時半から立候補届け出が始まった。定数127議席(選挙区42)に対し、250人超が出馬を予定している。各党は国政選挙並みの態勢で「首都決戦」に臨んでおり、前回大敗した自民党が都議会第1党を奪回し、公明党と合わせて過半数の64議席を確保できるかなどが焦点。投票は23日で即日開票される。
 立候補者数は、日本維新の会やみんなの党など「第三極」が積極的に候補者を擁立したこともあり、前回の221人を大きく上回る見込み。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130614-00000023-jij-pol




三宅久之の書けなかった特ダネ (青春新書インテリジェンス)

 

衆参ねじれ選挙の政治学: 政権交代下の2010年参院選


 

池上彰の選挙と政治がゼロからわかる本 (河出文庫)




続きを読む

2013-06-11(Tue)

岩手県議員の小泉光男が病院でクレームつけ支払いをせず帰宅しホームページやブログで自慢 炎上したら言い訳 →ダムで自殺

 岩手県会議員の小泉光男さん(56)が自身のブログで病院批判を執拗に展開したところ、ブログや公式ホームページや事務所に批判が殺到したためブログと公式ホームページが閉鎖に追い込まれた。

 小泉さんは病院に行き名前ではなく番号で呼ばれため、「ここは刑務所か!」と受付嬢に食ってかかった後に、会計をすっぽかして帰った。病院には再度クレームを入れた、などと書いた。

 問題となったブログは2013年6月5日付けで、タイトルが「俺は刑務所に来たんじゃないぞ。中央病院の責任者!」となっている。内容を要約すると、6月初旬に3日間ほど県立中央病院に通うことになったが、「241番、241番の方、お名前でお呼びします、241番の小泉光男さん」という声が聞こえ、瞬間に頭に血が上った。そして、

  「ここは刑務所か!。名前で呼べよ。なんだ241番とは!と受付嬢に食って掛かりました。会計をすっぽかして帰ったものの、まだ腹の虫が収まりません」

そして、腹の虫を収めるために直ぐに公衆電話に向かって病院の事務所にクレームを入れた。

 会計をすっぽかした理由の一つは、病院の事務所には職員が3~4人居るにもかかわらず、清算する段階になって「どうぞお越しください!」といわれたからだと説明している。自分は1万5000円以上の検査料を支払う上得意客なのにカウンターに呼び寄せるのはとんでもない話だというのだ。

  「本日は有難うございました。と、カウンターの外に出て、長椅子に座ってる患者の方に来るべきだろうが---。デパートでもどこでも、1万円以上のお買い物客に、精算書を取りにこっちへ来い。と顎でしゃくって呼び寄せますか?」

さらに、読者に対し自分と病院どちらの対応が間違っていると思うのか、と問いかけている。

 実は小泉さん、病院に対する理不尽とも言える不平不満をブログでぶちまけるのはこれが初めてではない。

 2012年5月15日付けでは、午前10時に予約していたが名前を呼ばれたのは午後1時近くになっていた。これが銀行ならば5分以上待たされると通帳もお釣りも無視してさっさと帰る事に決めているが、かかりつけ医の紹介状を持っていたため我慢していた。待たされた怒りで受診料をわざと払わずに帰った。

  「本日、携帯に支払催促の電話がありました。こちらの対応はすこぶる早い!。肝心の診察業務の改善も、ぜひお願いしておきます」

などと綴っている。

 小泉さんは13年6月7日付けのブログで、「ここは刑務所か!」と書いた5日付けのブログに対し抗議の電話が入ったとし、

  「気分を害された方々に対し、衷心よりお詫び申し上げます」

と謝罪したが、自分が病院にクレームの電話を入れたときに10円玉コインが3回落ちるまで、電話口に担当者が出なかったのはどうしたものか、などと不平不満を付け加えていた。これが火に油を注ぐ結果となりさらにブログは「大炎上」し、13年6月9日に小泉さんはブログと公式ホームページを閉鎖した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130610-00000005-jct-soci




道徳の教科書 善(よ)く生きるための七十の話 (PHP文庫)


 

日本一のクレーマー地帯で働く日本一の支配人―怒鳴られたら、やさしさを一つでも多く返すんです!―


 

医療現場のクレーマー撃退法~法的クレーム処理&ケーススタディ99~



続きを読む

2013-06-06(Thu)

日本維新の会共同代表の橋下徹大阪市長が大阪でのオスプレイの訓練を受け入れ

 日本維新の会共同代表の橋下徹大阪市長は6日午前、官邸で安倍晋三首相と菅(すが)義偉(よしひで)官房長官と会談し、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)に配備されている垂直離着陸輸送機MV22オスプレイの訓練に関し、八尾空港(大阪府八尾市)での基地機能受け入れを提案した。

 会談には維新幹事長の松井一郎大阪府知事や沖縄の地域政党「そうぞう」の下地幹郎代表も同席し、橋下氏が代表を務める大阪維新の会とそうぞうの連名で日米地位協定の改定を求める要望書も提出した。

 会談で橋下氏は「オスプレイの訓練について、本州で負担を分かち合うために、まずは八尾空港を検討のテーブルに上げていただきたい」と発言。菅官房長官は「しっかり考えてみる」と八尾空港での訓練受け入れに前向きな姿勢を示した。

 安倍首相は「(日本国民の)安全に対する負担を軽減するために(全国で基地の)負担をするのは当然だ」と応じたという。会談後に橋下氏らが記者団に明かした。

 ただ、オスプレイ受け入れについて、八尾市の田中誠太市長は「受け入れられない」と反発。この日、下地氏は「簡単に反対だなんて言わないでほしい。危ないものを沖縄に持ってきているのか」と不快感を表明した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130606-00000542-san-pol




スケール限定シリーズ 1/48 V-22 オスプレイ 国内配備機マーク付き 25163



 

誰も語れなかった沖縄の真実 ――新・沖縄ノート



 

橋下徹 改革者か壊し屋か―大阪都構想のゆくえ (中公新書ラクレ)




続きを読む

2013-05-30(Thu)

北海道の奥尻島で入島税を導入へ

 北海道奥尻町は、島に入る人から1人当たり数百円程度を徴収する入島税導入の検討を始めた。

 町の人口が減少し、税収も減っている中、町の観光振興を図るため、新たな財源を確保するのが狙い。数年以内の実現を目指し、住民説明会を開くなどして理解を求める考えだ。入島税が導入されれば、道内では初めてとなる。

 町によると、来島者1人から100~300円の徴収を想定している。昨年1年間に島を訪れた観光客は約3万2000人で、入島税が導入されれば年間300万~900万円の財源が確保できると試算する。

 導入に向け、町は昨年11月から、奥尻島観光協会や外部の観光専門家らと意見交換している。来月7日には議会側に説明することにしており、徴収方法や町民も課税対象とするかどうかを議論する。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130530-00000282-yom-soci


るるぶ北海道'13~'14 (国内シリーズ)

続きを読む

2013-04-30(Tue)

猪瀬都知事がオリンピック招致でイスラム圏を戦争しかしていないと批判か

米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は26日付で、2020年夏季五輪招致を目指す東京の猪瀬直樹都知事が他の立候補都市を批判する趣旨の発言をしたと報じた。国際オリンピック委員会(IOC)は招致活動において、他の候補都市のイメージを損なう行為や発言を禁じており、知事の発言が五輪招致に影響を及ぼす可能性もある。
 同紙によると、猪瀬知事は「選手にとってどの都市で開催するのが最高か?  社会基盤や洗練された施設が整備されていない他の二つの国と(東京を)比べてください」と話した。また、「イスラム諸国が共有しているのはアラーの神だけで、彼らは互いに争っている。彼らの国には階級がある」とし、イスラム圏初の五輪開催を目指すイスタンブール(トルコ)を意識した発言をした。
 IOCは「翻訳(された記事)であるため知事の発言の真意は定かではないが、全ての立候補都市は招致活動における規則を思い出してほしい」との声明を出した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130429-00000085-jij-spo


大人も子どももわかるイスラム世界の「大疑問」 (講談社プラスアルファ新書)

続きを読む

2013-04-16(Tue)

東京の地下鉄を24時間運行へ 年内に渋谷・六本木で実施

アメリカ・ニューヨークを訪問中の猪瀬直樹東京都知事が15日、市内の地下鉄を視察し、東京都内の交通機関の24時間運行について言及した。
前日にニューヨーク入りした猪瀬知事は15日、東京駅と姉妹駅になったグランドセントラル駅を視察したあと、およそ10分間地下鉄に試乗した。
猪瀬知事は「東京で達成できないのは、(都営地下鉄の)24時間化。だけど、やり方はあるだろうと。24時間化はバスと連動しているので、都バスをどういうふうにするかも考えて、いいヒントになればと思っている」と述べた。
さらに、猪瀬知事は、このあとに行われた講演会で「地下鉄の24時間化は、構造上の問題で無理だが、24時間バスは可能だ。2013年中に渋谷と六本木の路線で24時間バスの運行を実施する」と述べた。
2020年オリンピックの立候補都市として、都営バスの24時間化で交通機関の便利さをアピールしていく目的もあるとみられる。

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20130416-00000195-fnn-int


図解でよくわかる 地下鉄のすべて (JTBの交通ムック)

続きを読む

2013-04-08(Mon)

橋下徹大阪市長、またしても朝日新聞に下品すぎる批判繰り返す「俺は被害者でお前らは加害者 この関係は永遠に変わらない」

 週刊朝日に刑事、民事の両面で法的手続きを講じる方針を表明した日本維新の会共同代表の橋下徹大阪市長は6日夜、自身の短文投稿サイト「ツイッター」で、発行元の朝日新聞出版の親会社である朝日新聞社にも法的手続きを講じることを表明し、「久しぶりに弁護士魂が燃えてきた。余計な仕事を増やしやがって。司法の場で決着を付けようぜ」と息巻いた。

 また「週刊朝日から市役所に面会申し入れが来た」と明かし、「誰が会うかバカ。僕はそんな暇人じゃない。報道機関だからと言って調子に乗るな。民主国家のルールで週刊朝日のやったことがどういうことがはっきりさせてやる」と批判した。

 週刊朝日は昨年10月16日、橋下氏の出自を取り上げる連載を掲載したが、橋下氏の反発を受けて連載打ち切りを決定し、おわびを掲載。河畠大四編集長(当時)が更迭され、11月12日には朝日新聞出版の神徳英雄社長(同)が引責辞任した。同日には同社幹部が市役所で橋下氏に直接謝罪し、「報道機関として、あってはならない過ち」などとする第三者機関の検証結果を報告した。

 橋下市長はこれまで同誌側の謝罪を受け入れる意向を示していたが、2日発売の同誌最新号で「賞味期限切れで焦る橋下市長」とする記事が掲載されたことに反発し、6日午後にツイッターで法的手続きを講じる方針を表明した。

 同日夜には「(これまで謝罪を受け入れてきたことの意味を)あのバカ集団は分かっていないらしい。普通なら、慰謝料請求が当たり前だろう。僕は呑み込んだつもりだ。しかし請求権を放棄したわけではない。事実上、黙っていただけ」と述べ、「週刊朝日よ。お前らがそういう態度なら、こっちもとことん行ってやるぜ」とたたみかけた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130407-00000500-san-soci


橋下徹現象と部落差別 (モナド新書 6)

続きを読む







最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。