--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-08-19(Mon)

北朝鮮が離散家族と金剛山観光の再開を協議

北朝鮮の祖国平和統一委員会報道官は18日、9月中旬に離散家族の再会事業を行おうという韓国側提案に同意し、そのための赤十字実務協議を23日に金剛山(クムガンサン)で開催することを呼びかける談話を発表した。報道官は、北朝鮮・金剛山観光の再開に関する実務協議を22日に金剛山で開くことも提案した。朝鮮中央通信が伝えた。

 南北は14日、開城(ケソン)工業団地の操業再開に合意している。北朝鮮は今年前半、韓国に敵対的な姿勢を見せたが、いったん対話攻勢に転換。韓国側が望む離散家族再会に応じることで、多額の外貨収入を見込める金剛山観光再開への道筋を付けようとしている模様だ。

 韓国は16日、前日の演説で朴槿恵(パク・クネ)大統領が提案した離散家族再会に関する赤十字実務協議を23日に板門店(パンムンジョム)の南側施設で開くことを提案していた。

 韓国統一省報道官は18日、北朝鮮が離散家族再会に同意したことを「肯定的に評価する」としつつ、実務協議の板門店での実施を改めて提案。観光再開に関する協議については、「検討後に立場を表明する」と述べた。

 北朝鮮は7月にも、離散家族再会と金剛山観光再開のための協議を提案した。だが、韓国側が離散家族の協議だけに応じると答えたため、北朝鮮は提案をすべて取り消した。韓国はこの時、観光再開の協議に応じない理由を「開城工業団地の協議に集中するため」と説明していた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130818-00000088-mai-kr




北朝鮮はどんなふうに崩壊するのか (小学館101新書)


 

金正恩の北朝鮮 激変する人民ライフと権力の内幕 (別冊宝島 1984 ノンフィクション)


 

ハダカの北朝鮮 (新潮新書)




スポンサーサイト
2013-08-08(Thu)

北朝鮮の金正恩第1書記が後悔「核実験と威嚇はやりすぎた」

韓国紙・国民日報は8日、韓国政府筋の話として、北朝鮮の金正恩第1書記が7月下旬に訪朝した中国の李源潮国家副主席との会談で、「今年初め、南朝鮮(韓国)と米国に、ちょっと激しくやり過ぎた」と述べ、2月の核実験とその後の威嚇的言動への後悔の意を示したと報じた。その上で、「最近は核兵器を宣伝するような行為は減っている」と釈明したという。
 同筋によると、第1書記は李氏の宿泊先を訪ね、「近く中国を訪問したい」と表明。李氏は「この状況でいいことはない。習近平主席らは会わない」と難色を示した。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130808-00000127-jij-kr




北朝鮮はどんなふうに崩壊するのか (小学館101新書)


 

金正恩の北朝鮮 激変する人民ライフと権力の内幕 (別冊宝島 1984 ノンフィクション)


 

ハダカの北朝鮮 (新潮新書)



続きを読む

2013-06-16(Sun)

北朝鮮がアメリカとの会談を提案

北朝鮮・国防委員会報道官は16日、重大談話を発表し、米朝当局間の高官会談の開催を提案した。朝鮮中央通信が伝えた。
 報道官は米国に対し「朝鮮半島の緊張を緩和し、米本土を含めた地域の平和と安全の保障に対する真の関心があるのなら、前提条件を付けた対話や接触について述べるべきではない」と指摘した上で、会談開催を提案した。
 また、「高官会談では軍事的緊張状態の緩和、停戦体制(朝鮮戦争の休戦体制)から平和体制への転換、米国が打ち出した核なき世界の建設を含む、双方が望むさまざまな問題を幅広く真摯(しんし)に協議できるだろう」と述べた。会談の場所と日時は米国側の希望に応じる意向を示した。
 米国が核なき世界と緊張緩和を心から望んでいるのなら、与えられたチャンスを逃さずに北朝鮮の大胆な勇断と善意に積極的に応じるべきだと主張。「全ての事態の発展はこれまで朝鮮半島情勢を悪化させてきた米国の責任ある選択にかかっている」と強調した。
 核問題については「朝鮮半島の非核化はわが首領さま(故金日成(キム・イルソン)主席)と将軍さま(故金正日(キム・ジョンイル)総書記)の遺訓であり、わが党と国家、1千万の軍人と住民が必ず実現させるべき政策課題」だと述べた。北朝鮮の非核化は韓国を含めた朝鮮半島全域の非核化を意味し、北朝鮮に対する米国の核の脅威を完全に終息させることを目標に掲げた最も徹底した非核化だとする既存の立場を堅持した。
 また、「核保有国としてのわれわれの堂々たる地位は誰かが認めようが認めなかろうが、朝鮮半島全域の非核化が実現し、外部の核脅威が完全に終息するまで維持され、一切の揺るぎもない。米国はわれわれに対する核の脅威と恐喝をやめ、『制裁』を含めた全ての形態の挑発から先に中止すべきだ」と強調した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130616-00000001-yonh-kr




知らないと恥をかく世界の大問題4 日本が対峙する大国の思惑 角川SSC新書


 

拉致と決断


 

金正恩を誰が操っているのか 北朝鮮の暴走を引き起こす元凶 (徳間ポケット)



2013-06-07(Fri)

北朝鮮の新たな海上拉致の情報受けて海上保安が7万件の海難事故を再調査へ

 北朝鮮の朝鮮人民軍の元幹部が海上で日本人を拉致したと証言したことなどを受け、太田昭宏国土交通相は7日の閣議後の会見で、「拉致の可能性が少しでもあれば、調査を徹底するのは当然で、必要な措置を講じる」などとした上で、海上保安庁が過去の海難事故の再調査に乗り出したことを明らかにした。

 海保は平成14年に日本海側の6つの海上保安本部に「拉致容疑事案調査室」を設置。すべての海難事故について、拉致の疑いがないかを調べてきたという。

 その後、元幹部の証言が明らかになり、拉致被害者を調べている「特定失踪者問題調査会」が拉致の可能性を排除できない特定失踪者のうち海に関連した失踪者65人のリストを提出。そうした事態を契機に、過去の海難事故を洗い直しに着手したとしている。

 元幹部によると、海上での日本人拉致は1962年から85年まで繰り返し行われ、被害者数は30人以上とされる。元幹部自身も80年代に日本海で漁船の日本人乗組員1人を北朝鮮に連れ去ったことを証言。日本政府も元幹部から事情聴取した。

 証言を元に、海保は62年から85年までの約6万9千隻が関係した海難事故を中心として資料を精査し、警察などの関係機関と協力しながら、必要に応じて関係者からの聴取なども行い拉致の疑いがないかを調べるとしている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130607-00000542-san-soci




拉致と決断


 

めぐみ―北朝鮮拉致ドキュメンタリーコミック (双葉文庫)


 

ワシントン北朝鮮人権委員会拉致報告書



2013-06-06(Thu)

北朝鮮が開城工業団地の正常化などを提案

北朝鮮の祖国平和統一委員会は6日、スポークスマンの「特別談話文」を発表し、南北協力事業の開城工業団地の正常化、金剛山観光事業の再開のための南北当局者会談を提案した。離散家族再会事業など人道問題も協議できるとしている。朝鮮中央通信が伝えた。これに対し、韓国統一省は「肯定的に受け止める。当局者会談が南北間の信頼を積み重ねる機会になることを願う」と、受け入れる立場を表明した。
 北朝鮮は、会談場所や日時は韓国側の決定に任せるとしている。正式な南北当局者会談は、2011年9月に6カ国協議の南北首席代表が北京で協議して以来で、悪化した南北関係の打開につながるか注目される。
 北朝鮮は、対話局面への転換を図ると同時に、南北協力事業の再開、10年の哨戒艦沈没事件を受けて韓国が南北交流・交易を原則禁止した制裁措置の解除につなげたい思惑とみられる。
 談話文は、6月15日に南北共同宣言から13周年を迎えることに言及した上で、「われわれは言いがかりを付けてむなしい言葉遊びと口げんかに時間を費やす考えはない」と表明した。
 その上で、開城団地と金剛山地区への韓国企業関係者の訪問と実務接触を実現させ、民間団体の往来、協力事業も積極的に推進することを提案。南北当局が参加して7月4日の南北共同声明41周年の記念行事を開催したい意向も示した。韓国側がこれらの提案に応じれば、板門店をはじめ、遮断した南北連絡ルートを回復させると強調した。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130606-00000067-jij-kr




金正恩の北朝鮮 激変する人民ライフと権力の内幕 (別冊宝島 1984 ノンフィクション)



 

なるほどよくわかる北朝鮮の真実



 

「偉大なる将軍様」のつくり方




続きを読む

2013-05-30(Thu)

北朝鮮がラオスで拘束された脱北者の返還を強く要求 脱北者の中に拉致被害者の息子がいたか

30日付の韓国紙、東亜日報は外交筋の話として、北朝鮮を脱出してラオスに入った後、同国で身柄を拘束され、北朝鮮に送還された男女9人の中に、1970年代に消息を絶ち日本政府が拉致被害者と認定した日本人女性=失跡当時(29)=の20代中頃の息子が含まれているとの情報があると報じた。

 1977(昭和52)年に消息を絶った鳥取県米子市出身の松本京子さんを指しているとみられる。松本さんは自宅近くの編み物教室に向かう途中で拉致され、2006(平成18)年に拉致被害者と認定された。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130530-00000510-san-kr


拉致と決断

続きを読む

2013-05-29(Wed)

北朝鮮が韓国と開戦したら日本での原発などを狙った自爆テロを計画 訓練も行っていた

 北朝鮮の朝鮮人民軍が対韓国開戦直前に日本全国にある原子力発電所施設に特殊工作員計約600人を送り込み、米軍施設と同時に自爆テロを起こす計画を策定していたことが28日、軍元幹部ら脱北した複数の関係者の証言で分かった。計画実施に向け工作員を日本に侵入させ、施設の情報収集を重ね、日本近海でひそかに訓練も行っていたという。

 元幹部らによると、計画は、金日成(キム・イルソン)主席の後継者だった金正日(ジョンイル)総書記が「唯一指導体系」として朝鮮労働党と軍双方の工作機関に対する指示系統を掌握した1970年代半ば以降、具体化に動き出し、90年代に入って本格化したという。

 計画には、大別して2つの特殊部隊が編成された。「対南(韓国)」と「対日」部隊で、それぞれ2個大隊約600人ずつが充てられた。1個大隊には3、4人一組の80チームが組まれ、対南侵攻直前に日本と韓国に上陸。それぞれ連携して日韓各地の米軍基地や原発のほか、東京などの重要施設を自爆テロで同時爆破する作戦が策定された。

 原発は福井や新潟など日本海側に加え、太平洋側の施設も自爆テロの対象とされた。

 作戦のため、現地の協力者らが施設周辺を撮影するなどし毎年、情報を更新。特殊工作員が潜水艇で日本に上陸、施設内に忍び込んで情報収集することもあったという。

 情報を基に施設を忠実に再現した模型が作られ、机上演習が重ねられた。

 脱北した別の朝鮮労働党工作機関関係者によると、特殊部隊が潜水艇で日本近海に繰り出し、実戦に向けた訓練も行われた。94年には、日本近海で行った自爆テロ訓練中の事故で死亡し、北朝鮮で最大の栄誉とされる「共和国英雄」の称号を得た工作員もいたという。

 北朝鮮による対南侵攻にとって最大の脅威は沖縄などに駐留する米軍だ。元幹部によると、日本全体を米軍を支える「補給基地」とみなし、米軍に先制するため、開戦前の対南テロに加え、対日同時テロが策定されたという。

 原発が最重要ターゲットとされたのは、爆破すれば、「甚大な損害を与えられ、核兵器を使う必要がなくなる」(元幹部)との思惑からだという。さらには、広域に放射能が拡散することで「日韓両国民の間に戦争に反対する厭戦(えんせん)ムードが広がり、日米韓の戦意をそぐ政治的効果を狙った」と元幹部は説明した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130529-00000086-san-kr


北朝鮮暴発の恐怖を知らなすぎる日本人

2013-05-24(Fri)

北朝鮮特使が中国最高指導部と会談で対話路線示唆

 北京を訪問している北朝鮮の金正恩第1書記の特使が、中国最高指導部との会談で、「関係国との対話を実行していきたい」と述べ、強硬路線からの転換を示唆しました。

 中国国営テレビによりますと、23日夜、金第1書記の特使・崔竜海(チェ・リョンヘ)総政治局長と会談した中国の劉雲山常務委員は、朝鮮半島の非核化という目標を堅持し、6カ国協議を一刻も早く再開させることが重要だと述べました。これに対し、崔総政治局長は「中国との関係を改善し、発展させることが訪問の目的だ」と述べ、ミサイル発射や核実験でギクシャクした関係を改善したい意向を伝えました。さらに、「北朝鮮は経済発展や市民生活により集中していきたい。そのためには平和的な外部環境を作り出したい」としたうえで、「中国の提案を受け入れ、関係国との対話を実行していきたい」と述べたということです。中国も含めた国際社会の経済制裁など圧力が強まるなか、北朝鮮が対話路線に舵を切ることを示唆しました。

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20130524-00000005-ann-int


金正恩の北朝鮮 激変する人民ライフと権力の内幕 (別冊宝島 1984 ノンフィクション)

続きを読む

2013-05-18(Sat)

北朝鮮がミサイル発射

韓国国防省は18日、北朝鮮が同日、日本海上に短距離とみられる誘導弾3発を発射したと発表した。聯合ニュースは、最大射程120キロの短距離の地対地ミサイル「KN02」の改良型か新型の地対艦短距離ミサイルとみられると報じた。
 国防省当局者によると、午前中に2発、午後に1発を北東方向に飛ばした。聯合ニュースは午前9時と11時、午後4時に発射したとしている。同省は警戒態勢を強めるとともに、誘導弾の種類や発射場所の分析を進めている。
 当局者は「訓練か試験発射とみられる」と説明した。日米韓など国際社会への刺激を避けながらも、最近終了した大規模な米韓合同軍事演習や、米韓合同海上訓練に対抗した動きと考えられる。
 米軍は18日までに、北朝鮮が日本海側に配備した中距離弾道ミサイル「ムスダン」2基を平壌付近の地下施設に収容したと判断し、日本海などに展開していた複数のイージス艦の警戒態勢を解除していた。北朝鮮がこの隙を突いて発射した可能性もある。
 北朝鮮は短距離ミサイルの発射実験を繰り返しており、3月15日にも日本海上に2発を発射した。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130518-00000083-jij-kr


世界の傑作機別冊 グラフィックアクションシリーズ 最新版 世界のミサイル・ロケット兵器

続きを読む

2013-05-15(Wed)

北朝鮮が賠償目当てに日本に植民地されたとし過去最高の補償を要求

北朝鮮の労働党機関紙・労働新聞(電子版)は15日、日本の植民地支配について、「わが人民が受けた被害は古今東西、例のないほど最大最悪だった」と強調、「(日本は)国家的犯罪を謝罪し、補償しなければならない」と改めて求めた。飯島勲内閣官房参与の14日の訪朝に合わせた形で、日本との対話再開もにらみ、けん制したとみられる。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130515-00000047-jij-kr


拉致と決断

続きを読む







最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。