--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-06-19(Wed)

かまれると死ぬ事もある猛毒ダコが関東で相次いでみつかる

1 名前:名無し 投稿日:2013/06/19

 かまれると死に至る恐れのある「猛毒ダコ」が、神奈川、千葉両県などで相次いで見つかっている。主な生息地は九州以南。海面水温が上昇した影響で、生息域が北に広がってきた可能性がある。海のレジャーが本格化するのを前に、沿岸部の自治体は「見つけても絶対に触らないで」と呼びかけている。

 このタコは、強い毒性を持つヒョウモンダコ(マダコ科)。水産無脊椎(むせきつい)動物研究所(東京都中央区)などによると、体長は大きくても15センチ程度。ふだんは褐色で地味だが、攻撃を受けると鮮やかな黄色になり、蛍光ブルーのヒョウ柄が全身に浮かび上がる。唾液(だえき)に、フグと同じ猛毒のテトロドトキシンを持つ。この毒の致死量は1~2ミリグラムとも言われる。

 主に日本から豪州にかけての亜熱帯地域の岩礁に生息するが、近年は関東でもよく見つかっている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130619-00000030-asahi-soci




イカ・タコ識別図鑑 (釣り人のための遊遊さかなシリーズ)


 

新・海洋動物の毒―フグからイソギンチャクまで


 

おすすめ!人気!アウトドア!虫刺され!蛇、蜂、蚊、毒虫に刺されたら!強力な吸引作用で毒液や毒針を体外に抽出!



スポンサーサイト
2013-06-18(Tue)

湘南の砂浜で大音量流すクラブ化した海の家を組合が自主規制

1 名前:名無し 投稿日:2013/06/18

 海水浴客でにぎわう神奈川・湘南のビーチでここ数年、音楽を大音量で流す「海の家」が出現し、若者がダンスに興じる“クラブ化”の動きが目立っている。こうした動きを封じるため、藤沢市の片瀬西浜海水浴場では今シーズンから音楽を海の家で流すことを禁じ、逗子市の逗子海水浴場では海の家の営業時間を30分短縮して午後8時半までとするなど規制強化に乗り出す。

 うなる重低音に合わせて、水着姿の男女がダンスに興じる。片瀬西浜海水浴場ではここ数年、クラブ化した海の家が乱立し、国道をはさんだ住宅地にまで騒音が届くなど、住民からの苦情が相次いでいた。

 さらに、酒に酔った若者が乱闘を繰り広げ、警察が出動するケースも頻発。治安の急速な悪化により藤沢市と県は1月、海水浴場組合に対して健全化を求める要望を行い、組合側は「音楽の全面禁止」や「店員の入れ墨の露出を控える」といった自主規制ルールを打ち出した。

 組合関係者によると「このままでは規制が強化され営業できなくなる可能性がある」との危機感から「厳格な自主規制」に舵を切ったという。

 営業時間の短縮を決めた逗子海水浴場でも、ここ数年は風紀が乱れる一方だ。

 「これじゃあ、とても家族連れでは行けない」。逗子海水浴場の海の家で撮影された動画を見た逗子市議は思わず目を背けた。酒に酔った男女が身体を密着させながら踊る様子が撮影されており、別の店では肌もあらわな女性がポールダンスを繰り広げていたという。

 風営法では公安委員会の許可なく設備を設けて客にダンスをさせることを禁じていることから、逗子市議会では風営法の対象に海の家を含めるよう求める意見書を提出する動きもある。ただ、常設ではない海の家を風営法の対象とするかは議論が分かれており、県警は「(自主規制など)今後の推移を見守る」(生活安全総務課)という。

 また、騒音対策の一環として、鎌倉市内の海水浴場組合でも今シーズンから海の家に防音構造を施すことを決めている。

 一方、営業時間延長で誘客を図る海水浴場もある。茅ケ崎市の「サザンビーチちがさき」の海の家では平成23年以降、金、土、日、祝日の営業終了時間を午後7時まで2時間延長している。「クラブ化している海の家はこれまでなかった」(市産業振興課)ことによるもので、今年から延長時間帯に市と県が合同でパトロールを行う。

 年間約590万人(24年度)の海水浴客がやってくる湘南エリアにとって、「治安悪化でイメージが下がれば大きなマイナス」(観光関係者)。規制強化などを通じ、家族連れも楽しめる健全なビーチづくりを目指す構えだ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130618-00000524-san-soci




日清 カップヌードル シーフードヌードル 74g×20個


 

日清 チキンラーメン (85g×5P)×6個


 

ハインツ ビーフカレー辛口 200g×10袋



2013-06-17(Mon)

沖縄の宮古島市のサトウキビ畑でバッタ大量発生

宮古島市平良西里のサトウキビ畑でバッタが局所的に大量発生し、葉を食い荒らす被害が出ている。県宮古農林水産振興センターによるとバッタの局所的な発生は少雨傾向だった年に見られるとし、農家に駆除剤散布を指導するとともに、被害が広がらないよう警戒を強めている。
 大量発生しているのは交通量の多い幹線道路沿いの畑。持ち主の石川哲明さん(48)によると、13日ごろから大量発生している。葉は食べられて細くなり、残る部分も枯れて茶色く変色した部分も目立つ。
 14日から駆除剤をまき始めたが、一部では今もサトウキビの葉に多くのバッタが止まり、葉を食べていた。
 石川さんは「1週間前まで青々と育っていたが、一気に色が変わった。早めに駆除したい」と話していた。
 県宮古農林水産振興センターによると、ことしは来間島でもバッタ発生の報告があるという。バッタを県病害虫防除技術センターに送って種類を特定するなど対応を急いでいる。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130616-00000001-ryu-oki




近所の虫の飼いかた〈2〉スズムシ・バッタ・カマキリほか (虫の飼いかた・観察のしかた)


 

波照間島産黒糖 450g


 

食用サトウキビ



2013-04-01(Mon)

道頓堀を全長1キロのプールへ

 「大阪10大名物」の一つとして、大阪府市特別顧問で元経済企画庁長官の堺屋太一氏が発案した、ミナミの道頓堀川に全長約1キロの巨大プールを設置する準備会社が1日、発足した。道頓堀プールサイドアベニュー設立準備株式会社で、道頓堀商店会長の今井徹氏が代表を務める。同日午後、正式に発表する。

 関係者によると、道頓堀周辺にある複数の商店会の関係者計14人が発起人となり、資本金1400万円を出し合った。昨年8月から準備を進め、川にプールを設置する技術的なめどが立ったとして、会社設立に踏み切った。

 今後、詳細な事業・収支計画を立て、企業からの出資を募る。

 当初目標の資本金3億円を集め、今夏にも本格的な運営会社に移行する方針で、道頓堀川開削400周年に当たる平成27年6月の開業を目指す。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130401-00000093-san-soci


【yys1103-1 スカート付ビキニ水着 3点セット @mzg1】 (9Mサイズ, 1×2ブラック)

続きを読む







最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。