--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-08-22(Thu)

ロシア軍機が福岡県沖で領空侵犯

 防衛省は22日、ロシア軍のTU95爆撃機2機が同日昼すぎに福岡県・沖ノ島北西の領空を侵犯したと発表した。航空自衛隊の戦闘機4機が緊急発進(スクランブル)して対処した。ロシアによる領空侵犯は今年2月以来で、旧ソ連時代を含めると35回目。
 防衛省によると、領空侵犯があったのは22日午後0時9分31秒から同11分10秒まで。空自のF2戦闘機が緊急発進し、領空外に退去するよう無線で警告した。ロシア機から応答があったかは不明。
 外務省の宇山秀樹ロシア課長は在京ロシア大使館のジョスキー参事官に厳重に抗議、事実関係を調査するよう求めた。ロシア側は「本国に確認する」と応じた。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130822-00000094-jij-pol




最強兵器vs最強兵器 最新! 対決シュミレーション 自衛隊vsX vs中国軍vs北朝鮮軍vs韓国軍vsロシア軍 (DIA COLLECTION)


 

暗殺国家ロシア: 消されたジャーナリストを追う (新潮文庫)


 

北方領土交渉秘録―失われた五度の機会 (新潮文庫)



スポンサーサイト
2013-06-02(Sun)

ロシアがシリアのアサド政権にミグ提供

内戦が続くシリアのアサド政権が、ロシアから少なくとも10機の戦闘機を輸入し、さらに多くの戦闘機を求めていることがロシア国営メディアの報道で明らかになった。

ロシアの国防産業関係者が31日にロシア国営イタルタス通信に語ったところによると、ロシアは「以前に締結した契約」に基づき、アサド政権に10機の「ミグ29」戦闘機を販売するという。

またモスクワを訪問中のシリア代表団は、ロシア側にさらに多くの戦闘機の提供を求めており、ロシアの軍用機メーカー「ミグ」のコロトコフ社長は国営ロシア通信のインタビューで、同社とシリア当局の間で新たな契約の詳細や期間について話し合っている最中だと述べた。

この報道に先立ち、欧州連合(EU)は27日、シリアへの武器禁輸措置の解除を決定した。この決定は、欧州諸国による反体制派への軍事支援の道を開くものと考えられているが、同時に、ロシアが長年同盟関係にあるアサド政権への支援をさらに拡大する可能性もある。

ロシアは戦闘機に加え、2010年に締結した契約に基づき、シリアに地対空ミサイルシステム「S300」も販売したとされる。

ロシアは、シリアへの武器供与は国際法に反していないとし、市民に対して使用される恐れのある武器の供給を否定してきた。

しかし米国のケリー国務長官は、ロシアのS300の供与について「それが以前に締結された契約であろうとなかろうと、(シリア周辺)地域の均衡や安定に深刻な悪影響を及ぼすものであり、イスラエルが危険にさらされる」と懸念を示した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130601-35032829-cnn-int




現代ロシア政治入門


 

シリア アサド政権の40年史 (平凡社新書)


 

1/100 コンバットプレーンシリーズ ミグ19



2013-02-15(Fri)

ロシアに巨大隕石落下 建物が爆音で破壊され少なくとも数百人が負傷

ロシア・ウラル地方の隕石(いんせき)落下・爆発で、警察当局によると、400人以上が病院で手当てを受けた。3人が重傷。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130215-00000113-jij-int


ほんもの隕石観察セット

続きを読む







最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。