--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-10-13(Sun)

兵庫県明石市が婚外子の出生届を受け取る違法行為をすすんでする方針

 兵庫県明石市は1日から、結婚している夫婦の子(嫡出子)か結婚していない男女の子(婚外子)かを区別せずに記載できるよう出生届の様式を変更した。全国の自治体で初という。記者会見した泉房穂市長は「市民にもいろいろな事情がある。多様性を受け止めたい」と話した。
 同市によると、「父母との続き柄」の欄で嫡出子か婚外子のいずれかにチェックを入れる項目を削除した出生届を新たに窓口に備え付ける。チェックを残した従来の用紙も用意し、どちらを出しても受理する。
 法務省は2010年3月、親の戸籍などで確認できる場合は、書かれていない部分があっても出生届を受理するよう自治体に通知。以降、同市は婚外子の区別がない場合も出生届を受理しており、「今回の運用も法務省通知の範囲内の対応」としている。
 一方、同省は「法務省令で定められた様式に反しており違法」と話している。神戸地方法務局が...続きを読む
スポンサーサイト





コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント


最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。